ドイツ語だけで会話をするために

ドイツ語で話したいけど途中から完全に英語にスイッチしないでドイツ語で会話をし続けるためのアドバイスです。


ドイツ語の習得状況別に整理してみます。


①相手が言っていることがまだ全く聞き取れない

相手には英語や日本語で話してもらっても構いません。絶対聞き取らないといけない時や絶対正確に伝えたい時は英語や日本語になっても構いません。でも全般的に自分が言うときはできるだけドイツ語で答えるようにします。ここで恥ずかしいと思ったり下手なドイツ語で相手に悪いなという気持ちを起こす必要はまったくありません。文法や語順が多少間違っていても構いません。重要なのは伝えることです。ヨーロッパの他の国から来た外国の方は多少文法が間違っていても気にせず意見を言っています。その積極性は見習うところがあると思います。あとは自分が言いたいけど言えなかったことは必ず復習し次の機会では必ず言えるように練習し少しずつ語彙とフレーズを増やしていきます。


②相手が言っていることは完全には分からないが推測でだいたい分かる

このレベルになったら全てドイツ語で会話ができるように自分を変えていく必要があります。相手が言ったことが聞き取れなかったらドイツ語で「もう一度お願いします」「簡単に言ってくれませんか?」と聞き返してもいいですし、重要な話でなければ話題を変えるというのも一つの手です。ここでも自分が言いたいけど言えなかったことは必ず復習し次の機会では必ず言えるように練習しておくと良いと思います。リスニングで問題がなくなった今思うことは相手が言っていることが必ずしも聞き取りやすい・理解しやすい文章になっているわけではないということです。日本語でも相手が言っていることが分からなければ聞き返します。なので理解できないのは自分が悪いと思い込まず聞き返してみてください。


あとは「私はドイツ語の勉強を頑張っているからドイツ語で話せたら嬉しい」ということをあらかじめ言っておくと良いかもしれません。もし相手が英語や日本語を勉強している方であれば半分ずつの割合になるようにうまく言語を切り替えてあげる必要があります。言語交換で勉強している方達は前半はドイツ語、後半は英語・日本語とわけてもいいかもしれません。


全てドイツ語で会話できるようになったら楽しいですし、その上達をすごく実感すると思います。その時は是非ご自分にご褒美をあげてください♪



onlineドイツ語レッスン

ドイツ在住日本人講師によるスカイプでの本格ドイツ語オンラインレッスンです。自身の経験から生徒さんのゴールまで最短の学習方法をご提案します。ドイツ語日常会話から各種試験対策までドイツの語学学校と同様のレッスンをご提供します。