ドイツ人は英語を話したい?

ドイツ語で会話がしたくてドイツ人にドイツ語で話しかけても途中で英語に変わってしまうこと、変えられてしまうことありませんか?


私も勉強し始めたときたくさんそんな状況がありました。そしてその度になぜか悲しい気分になり落ち込んでいました。


なぜドイツ人は英語に変えるのか?英語を話したいから外国人には英語を使うという人も中にはいるかもしれませんが、大半の人は相手が理解できるように配慮して英語にしているんだと思います。どこの国の人も(私たちも)同じだと思います。理解していなさそうな人には多少英語ができれば英語で接すると思います。ただ特にドイツでは日本より簡単に英語が話せる人が多い傾向にあるかもしれません。


その証拠にドイツ語の聞き取りに問題がなくなった今ドイツ人と話していてドイツ語から英語に変えられることは全くありません。

ではどのくらいのレベルになったらドイツ人とドイツ語で会話ができるようになるのでしょうか。

私はリスニング力が決定的な要因だと思います。言っていることを理解していない様子をこちらが見せると相手は英語で伝えようとしてくるでしょう。逆に返答がたどたどしくても話していることが理解できていれば会話になります。


こちらが理解していないと分かっても簡単なドイツ語でなんとか理解させようとしてくれるのはドイツ語学校の先生か、自分が実際に留学して外国人が外国語を習得する苦労を自分でも味わった人か、あるいはそもそも英語ができない人のどれかだと思います。


あとは返答の際のレスポンスの仕方です。相手の言ってることが100%分からなくても分かったような顔をして会話を進めていくことは可能です。それはドイツ語での会話に慣れているかの問題です。


このように会話の練習のためには教科書のドイツ語だけをやっていても大きな上達は見込めないかもしれません。私がしたことはドイツ人の会話を聞き、聞こえてくる単語やフレーズを覚えることです。音楽のように聞き流していては効果が少ないです。私はドイツ人の会話を聞くことができない状況の時はYoutubeで興味のあるテーマ(例えば料理やメイクなど)を話しているドイツ人のチャンネルをずっと見てその人が話すドイツ語の単語を書き取り覚え真似して話しました。

onlineドイツ語レッスン

ドイツ在住日本人講師によるスカイプでの本格ドイツ語オンラインレッスンです。自身の経験から生徒さんのゴールまで最短の学習方法をご提案します。ドイツ語日常会話から各種試験対策までドイツの語学学校と同様のレッスンをご提供します。